作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

制作ログを取ろう!

最近、ふだん制作の時に重視していることは「再現性」です。

 もちろん、工業製品では無いので全く同じに完成するというのとはちょっと違うけれど,「自分の作品」として「再現」できたらいいなーと思い、モニョモニョと練習中です。仕事として自立出来るようになるまでにはまだまだなので、最近は特に「制作ログ」を取る事に手間をかけるようにしています。もっとスキルを身につけてお客さんに喜んで戴けるような仕事をしたい。(「良くわかんないけど、やってたらいつの間にか出来てた!でももう二度と出来ない!」みたいな偶然性に頼るのは性格的に向いていないので、地味ーにやるしかないのです)

 基本的には独習なので「自分で技法書を作っていく」という考え方が近いかもしれません。本から得た知識のほか、「実際に描いてみてどうなのか」「描きたい絵のイメージとどの位の距離感があるのか」という事を知るためにやるという感じ。時間でも、絵の密度でも何でもいいのですが、目標との距離感を客観視したり、数値化するイメージです。

 マシェリのスケッチ教室等でも「絵を描いたときには制作にかかった時間をメモして下さい」という事をお勧めしています。これは描きたいものを描けるための絶対量を知るためには不可欠だからです。いずれ描いていくと「短い時間で描けるようになった」という実感が持てるので、形を取るためのスキルの上達自体は早いのではないかなーと思います。(「芸術活動は【感性】でやるものなのに!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、正確に形を取りたい等のデッサン的な要素についていえばダラダラとやっていても力は付かないと考えています。楽しみのために描く分には勿論その限りではありませんのでこの辺は分けて考えていただけるといいのではないかと思います。)

 「出来た」という喜びを「見える化」することはたいせつもんね!だってひとりで描いていたって誰も褒めてくれないんだもん(笑)
自分で自分を褒めるための「仕組みづくり」をする、というのが今日のテーマです。



1)ジブン手帳

 手帳カテゴリでさんざん書いてますが私にとって、バーチカル手帳は絶対に無くてはならないモノ…。

私のルールは、制作した内容をペンで描き、制作した時間を黄色の色鉛筆で塗りつぶすという方法をとってます。
これで制作のログとして残します。これをやると1週間のうちにやった作業量が何となく分かってきます。
他にもデータ制作のアルバイトが不定期で入ったりするのですが、自宅で仕事をしているとダラけてしまう事がおおいので少しでもそういう時間を減らせればいいなーと思います。

イメージ


2)ストップウォッチ



作業のときには、ストップウォッチを使います。元々はTOEICの練習問題を解くために買ったものですが、人物ドローイングのほか、時間のログを取る事で仕事の見積もりが取れるので便利。

そのほかiPhoneではポモドーロタイマーとか、タイムタイマーなどを使う事があります。(iPhoneは古いiPhone4から変えていないので最新のアプリはよくわかんないかも)


3)制作ノート、またはメモ帖

 幾つか制作メモ帳がありますが、最近は様式もサイズもバラバラ。植物スケッチ用、イラスト制作用、などかなり様々です。デッサンに関しては写真を残しておくためにevernote(後述)を利用することもあります。




左上から
 黄色い生協の実験ノートA4「水彩テクニック研究」
  →水彩の色見本、画用紙サンプルなどの研究用に使っています

 薄緑色キャンパスノートA4「彩画堂画材研究室予習ノート」
  →「画材研究室」という画材屋さんで行うワークショップのための予習のノートとして使っています。

 ピンク色キャンパスノートB5「ウェディングアルバム制作ノート」
 →アルバムのデータ制作をPhotoshopで行っているのですが、クライアント様、ウエディングプランナー様からのの要望をメモ、レイアウト構成の事等をメモしています。

薄青色色キャンパスノートB5「イラスト制作ノート」
 →(滅多にないのですが)イラスト制作の依頼があったときの材料、作業時間等をメモ

右上から
 黒色KOKUYOスリムB5変形サイズ、就職活動スケジュール&ノート「マシェリ スケッチ教室用授業ノート」
 →授業の予習、生徒さんの出席状況、時間毎の活動などをメモ
 

白色MIDORI MDノート 「植物画&植物スケッチフィールドノート」

 →植物をスケッチする時は野外もあるので、持ち歩きやすいサイズ(文庫サイズ)を持ち歩き、種やの名前等を記録。


4)Evernote またはAwesomenote

 これも制作のログを取るために使っています。
制作時間、使用した紙、出来上がり写真等をストックしていますが、時々忘れる時もあります。
最近の人物ドローイングの記録に関してはブログに書いていると言った感じですが、こんな感じで記録中。





5)Study Plus
以前別記事で詳しく書いちゃっているのでリンクををご覧下さい。



ログを取るのは面倒と思われがちですが、実際続けていると進歩が見えやすいので大変おすすめです!
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。