作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

裸婦デッサン2日目

 今日も朝から夕方まで描いてきました。




コンテと水彩 20分


水彩 20分


コンテ 20分


コンテ 20分


コンテ 10分


鉛筆と水彩 120分 なんかいろいろ残念だった。水筆ぺんしか無くて穂先が効かなくて彩色が難しかった。


疲れた…。
見るとやっぱり、コンテとかパステルはドローイングに向いた画材なのだと言う事がわかる。手になじみ、線が柔らかく描けるので描いていて心地よい。

 特に表記がない「水彩」は、下書きをせずに水彩の筆だけでドローイングをしているのですが、水彩単体だと色が弱くなってしまい、印象が弱い。
私は普段固形水彩を使っているのだけれど、こうしたドローイングのときに限ってはチューブの水彩、またはカラーインクを溶いて筆で描いたほうがいいのかもしれない。


 一応自分の中では「2013年は避けていた人物をがんばる!」だったのだけど、ここに来てちょっと本気でやらないとダメだなってことを思いました。だってヘタなんだもん。
 
 実は人物を描いているときの私の癖があるんですが、ちょっと顔を小さめに描いてしまうんですよね。この癖って高校生くらいから治らない気がする。(もちろん気をつけて直していますよ。でも最初の数分でかたちを取るときに「あれ、また頭が小さいや」って思いながら直す感じ。)

 あと、体を描くのは楽しいけれど「顔」を描くのが苦手。
 これは理由がハッキリしています。ズバリ、単純に顔を描く機会を持たなかったから。
学生時代は染織だったので植物しか描いてないし、教員時代は授業の準備以外で描く絵は食べ物とか花とか旅モノばっかりだったし。人物をまったく描かなかった訳ではもちろんないですが、せいぜいクロッキー程度…でもクロッキーは大好き。だって楽しいんだもん…。

 座を据えて「顔を描く」なんていうのは、あんまりないなあ。

 顔って、その人に向き合わなきゃいけないようなところがあるから、軽々しく他人にモデルを頼めないからなかなかちゃんと描けないんですよね。夫に頼んでもモデルなんてやってくれそうにないしさ。
 
 体は30秒ドローングなどですこし描きなれた気がするんだけれど、顔をソックリに描けたら楽しいよなー…。


いろいろ課題もあるけれどまた明日も頑張ります。
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろ(狩野直子)
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は狩野直子名義で水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
エコールドマシェリ「毎日を彩るスケッチ日記」
JEUGIAカルチャー盛岡「透明水彩スケッチ」
マシェリにて月一回の連載「季節を彩る岩手の野鳥」のイラストを描いています。

にょろろ名義では手帳や時間管理のイベントやオフ会を主催したりしています。
「ジブン手帳公式ガイドブック2017」(実務教育出版)「測量野帳スタイルブック(エイ出版社)藍玉さん著 「まずは書いてみる」(KADOKWA)「手帳事典2018」(玄光社)「に掲載されました。「箇条書き手帳」でうまくいく 初めてのバレットジャーナル (Discover21)に掲載されました。

スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR