作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

【ジブン手帳】をジブン色に染める

前回も書きましたが、2014年度の手帳は【ジブン手帳】にする事に決定。

昨日実物を手に入れたのですこしレビューをしてみたいと思います。

私が購入したのは「白」のタイプ。何故かと言うとカバー部分に絵を描こうと思っているから。ジブンで水彩で描いてジブン色に染めるのさ!!

 未開封の状態。


 こちらが現在の手帳(文庫サイズ)との比較写真。スリムサイズなので思ったより大きさを感じずに使えそうです。



以下【ジブン手帳】のレビューですが、長いので畳みます。

 私が気に入ったのは「LIFE」の冊子です。こちらは表紙。文字は昔のコンピュータゲームの文字みたいですね。


 



今まで100wishlist、人生設計的なメモ(年表的な事)病歴などは別のノートに記録していたので情報を一元化出来て良さそうです。
(でもパスワードリスト 資産欄等は紛失が怖いので私は使わないつもりです)

Life planでは配偶者の状況などが書けるのは便利だなあと思いました。



あと、旅好きの私には地図があるのが本当に嬉しかったです!いままた500円玉貯金をはじめて旅行費にしようと思っているので地図があることで更にやる気が湧いてきました。




 
自分史記録(My news ジブン年表)ができるのもとても面白いと思います。私も毎年書いているのでとても有り難い…。しかも100年分もある!長生きしなきゃ。



家系図などは思いもよりませんでしたが、去年祖母の葬儀の際に「無いと困るよな…。ということを感じました。40代以降の人はこれから絶対に必要になると思うのでなかなか良いアイディアだと思います。


次にダイアリー部分。
コンテンツはこんな感じ。




 ちゃんと記入見本が付いていました。見本部分もあるなんてかなり丁寧なつくり…。



私は学校勤めが長かったので「月曜日始まり」に慣れてしまっているせいか、手帳選びの優先順位の最初の方に「月曜日始まり」が来てしまうのですがこの点もクリア。









天気、日の出日の入り、気分の善し悪し、食事記録が毎日書けるほか、Todo欄もかなり多め。(使いこなせる自信は無いけど)生活管理、健康管理が気になる40代の私には、睡眠時間も記入出来る24時間枠は助かる。


IDEA のほうは方眼。
 好みとしては4ミリ~5ミリくらいの方眼の方が好きかも。


さて、ここからが感想。

全体の構成をざっとみてみました。
 
 フランクリンプランナーを使ってた2005年の頃、うまくスケジュールを組めるようになって残業が1時間以上減って、とっても賢くなれそうな気がしたりしていました(笑。気がしているだけなんだけど)。

 「なんとなく時間が上手に使えていない」って感じていた頃でもあって、いろいろスッキリして気持ちよかったことを思い出します。教員時代、フランクリンプランナー自体にはお世話になっていたけど、仕事を辞めて家庭に入ったことで生活が変わり、仕様や持ち歩きの点でフランクリンプランナーは替えざるを得ず、辞めてからの数年は手帳ジプシーでありました。

 去年くらいから「文庫サイズのバーチカル」を母体に使っていてそこそこ良かったんだけれど、手帳メーカーっ急に「廃盤」になったりして気に入っていた手帳がリニューアルされず、もうめんどくさくなっていたところでした。

 その点【ジブン手帳】は今後(フランクリンやクオバディス、能率手帳、ほぼ日、エディットなどのような)ひとつの【ブランド】として毎年リニューアルを重ねて成長してくれそうな感じがあって「手帳選びに困る」というストレス(注:手帳は好きだけどイマイチしっくり来ない、でも絶対に手帳を持たないとイヤっていうストレス…。罹患するとなかなか治らない。)が無くなりそうで嬉しい!

 【ジブン手帳】を実際に手にしてみて「痒いところに手が届く」以上に、「そこまでしなくても」っていうところが満載だなあ、といった印象でした。
 痒いところに手が届くと言う以上に「ここまで盛り込むんかい!」という感じも(笑)。きっとこの監修の佐久間さんという方はキチッとやりたい人なんだろうなあ…そして、予定を入れてバシバシTodoを潰して「よっしゃー!」と快感に震えるタイプとみた…。

 それはさておき、忙しい現代人にとっては、ある意味で(手帳の)フォーマットができてて、何も考えずにフォーマット通りにやっててスケジュールが消化出来るっていうのは、かなり負担が少ないって事なんだと思うのね。「時間を上手に使うカッコいい俺(アタシ)」的な事を要求されたとしても、工夫して手帳を上手に使う人たちばかりじゃないもの。 そういった意味で、「手帳術の本を読む」より1セット(3冊)でいろいろ盛り込まれていてそんなに頭を使わずに書けるっていうのは便利でいいなー、と思いました。


そんなわけで使い倒します、【ジブン手帳】

あと、紙の筆記テスト。

書いた状態



裏、机においたとき。殆ど気にならない。





透かしたとき。



 
 余談。
 こんなに手帳好きなのって日本人だけなんじゃないかなあ、とも思う。(ほんのちょっとだけアメリカに住んでた時に文房具屋さんを訪ねたりしたんだけど、そんなに色んな種類の手帳なんて無かったもん。バーチカルの時間枠だって朝の8時から7時とかだったし…。)

 世界一忙しい日本人が作った日本の手帳は世界一なんじゃないかと思ったわ(笑)。
 そして日本人、こまけーよ!!
 手帳業界アツくておもしろい!!


(短期シリーズで数回レビューを続けます)
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。