作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

「脳の右側で描け」

デッサンの個人レッスンをする事になり、「より早く上手に描ける」という教え方について考えているわたしです。
今日は最近読んでいる本を紹介します。
 
最近図書館で借りたこの本、(第3版で翻訳があまり良くないのですが)なかなかよさそうです。


いま途中まで読んでいるのですが、この第3版は訳が読みにくい…
日本語の言い回しが不自然なのでスルスルっと心に入ってくる感じじゃない…。

昨年第4版がでたようですが、翻訳者の方が変わったようなので、こちらの方を購入するかもしれません。



 原書の方の4th Editionはこちら。


Kindlの版をダウンロードしてみましたが、もしかしたら英語で読んだ方がいいのかもしれない…。とはいえ、私の多読経験はThe Wonderful Wizard of OzとかCharlie and the ChocolateFactoryの量と内容なので320ページはやっぱり多い…。

とりあえずいま図書館から借りているものを読み終えてそれから考えてみる事にしよう。


 さて、「脳の右側で描け」」ってどんな内容の本なの?という方、まずは「脳の右側で描け」のワークショップで自画像を描いたよという小鳥ピヨピヨさんのブログをご覧下さい。特に5日目の自画像の絵はすごい!

 この本の作者のベティ・エドワーズ博士が「絵は訓練によって上手くなる」という考え方をお持ちで「絵が苦手な人が絵を自由に描けるようになるまでの基本的な方法」について解説しているのが、この「脳の右側で描け」という本です。
 私自身は16歳の春から大学受験までの3月まで、美術系大学受験の為の画塾に通っていたのですが、この本の考え方は特に初心者の方には役に立つものが多いと感じました。
 教える側としても、モノの形や構造を捉える歳の考え方としてとても優れているし、いい意味で無駄が無くて良いと思いました。(翻訳が悪いのがガッカリですが…)

 ここに描かれている本の次の段階は個人の好みや絵の描き方で変わってきて良い部分だと思うのであくまで「考え方の導入として」やってみるのはとてもいいと感じました。
 こちらのブログでは、実際にワークブックを終了されたレビューがあるので、(絵を描いてみたい人には)参考になると思います。
 自分もワークブックの方を買ってみようかなあ?




 
 まだ読み終わってないけどワクワクしちゃう!


Youtubeのほうにも、博士が教えている様子が見られます。(おそらく、ネイティブスピーカーでない人にも分かるようにゆっくりと解説しているので、英語に慣れている人にはおすすめの教材です)



そのほかhttp://artistsnetwork.tv/c-2-workshops.aspx?fcat=subject&subject=Beginner&pagenum=1
のページにも様々な描き方のビデオがあるのを発見。(英語がわからなくても)見ているだけでかなり面白いです。
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。