作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

物語を紡ぐには時間が必要だ

 10年ちょっと前の12月、私の30歳の誕生日の時の話。


 あるギャラリーで見つけたチェアとスツールに一目惚れ。この二つは家具作家の方が工房にてたった一人で制作しているものでした。30歳の誕生日のとき「美しい」と思うものを手に入れたいと思い奮発して手に入れた椅子。

01.jpg

01-1.jpg


それから10年、40歳になった私のチェアも、いい感じに古くなってきました。(参考記事 10年前から使っている椅子とオットマンの話

 両方とも座面はデンマーク製のペーパーコードで編まれており、経年変化で緩んできたり汚れてきたので、張り替えをお願いする事に。(手作りなので時間が経ってもこうしたメンテナンスもしてもらえるのは大変嬉しい事です。)


さて、また時を10年前に戻します。
 自分が結婚したとき、夫にもこの作家さんのものを使ってもらえたらいいなあと思っていました。
そこで私が椅子を買った半年ぐらい後に、今のアパートに来てもらいオーダーメイドの机を作ってもらう事になったのでした。
 しかし、この作家さん、なかなかのコダワリの作家さんである上に、一人で工房を切り盛りしていることもあり、出来上がるのにかなーり時間がかかってしまって…仕事机として納品してもらう時期を大きくずれ込んでしまい、ずいぶん待ったのですが結局欲しい時期には出来上がることはありませんでした。 
 実際に仕事で使うものなので、その間に夫は別の机を購入してしまい、わたしもパソコン用の机を買ってしまいました。そしてこの「オーダーメイドの机」は幻のものとなってしまいました。

そして約10年後の去年の秋。
 最初に買ったスツールの座面がヘタって来たのを機に久しぶりに作家さんに連絡を取ってみました。スツールの座面の張り替えの見積もりをお願いしたのです。

そうしたところ、
「オーダーで預かっていた机がまだあるのだけれど、お代はいらないのでどうか使ってもらえないか」と仰る。
「いや、もう机は買っちゃったので…どうしよう…。それにお金いらないって言われても支払わないのは変じゃないですか…でも前のお勤めは辞めちゃったし…今、予想外の出費はちょっと困る…ぐぬぬ。」
「いや、机の件で納期が遅れてしまったのにちゃんと連絡をせずじまいだったのはこちらの責任でしたので、もしも場所があればなんですがぜひ使ってほしいのです」と作家さん。

そして作家さんから送られてきた写真がコレ…。

09.jpg
(概観はコレ、横幅が長いだけじゃなくて奥行きがあるので作業スペースがかなり広く取れる)

07.jpg
(釘は殆ど使っていない。木材同士を組み合わせて制作する。設計の仕組みを聞いたが良くわからなかったorz)

05.jpg
(実は脚部分のこの切れ込み、装飾なのかと思っていたのだが実際に使ってみるとコード類がうまく逃げてくれるので大変使い易い)

サイズ/幅180cm × 奥行74cm × 高さ70cm
材料/タモ
塗装/オイルフィニッシュ

す、ステキすぎる!!!(まあそりゃあウチ仕様に作ってもらったものだからね…)良い作品なので、他の人にも売れると思うので、他のヒトに売ってくださいとも思ったのだけれど、やっぱり欲しいかも…・。

 作家さんによれば、なんでも、彼が駆け出しのころに初めて開いた個展で初めて買ったお客の一人が私だったんだそうです。そして「せっかく自分の作品を気に入って机のオーダーを追加してくれたのに…自分はホントに失礼な事をしてしまって…」と仰る。
確かに納品の連絡が無かった時は「どうしちゃったんだろう、んもー!」と思った時もあったけどさ…(遠い目)

 ホントにステキだけど、もう夫の仕事場には机があるしなあ。
一応自分の机はあるのだけれど、パソコン台になっているので何かを大きく広げて作業する事は出来ませんでした。
絵を描くときは水を使うからパソコンの近いところではやりたくないし…。
 だから絵を描いたり英語を勉強する時は居間で広げて、食事のたびに脇に寄せて、食べたらまた広げて、寝る前にしまって、っていう感じだったので、机があるとたしかに便利そう。じゃあ、私が使うか…ということに。



で、納品されたのがこれです。





 うおおおおお。
超絶に美しいぃぃぃぃぃ!

 昨日作家さんに「10年も待たせちゃってゴメンナサイ」って言われたけど、
 もう、そんなのチャラだよ!っていう気分になるくらいイイ…。
(さすがにタダとはいかないのでお気持ちはお渡ししましたが…)それにしても「腕が良い」っていうのは本当に素晴らしい…。たとえ10年待ったとしても満足が得られるほどの良い仕事です。



 毎晩夕食後居間でお茶を飲みつつそれぞれ作業していたのだけど、昨日はちょっと私の部屋で並んで作業してみました。私は絵日記を書き、夫はメールかなんかを書いたり。なんか全く会話が無いんですけども(笑)音楽聞きつつ作業が出来るのはなかなか良いです。

940971_10201003102028200_1775036100_n.jpg

凄い!広い!快適!

自分も30歳から40歳になって、生活環境も考え方も変わったけど、10年の時間で紡がれるものはそれなりに大きいんだなーってことを思いました。これから、40歳から50歳になって机と一緒に過ごす時間の事を考えるととってもワクワクします。夫と並んで黙々作業して、好きな事をそれぞれやるのも楽しそう!

むうう。なんか凄く勉強する気持ちが高まってきた!頑張るぞ!
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。