作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プライスの伊藤若冲コレクションが来るぞ!

「ジョー・プライス」というアメリカの有名な日本美術のコレクターを知っていますか?

 プライス氏は日本の文化を愛し、絵画を愛して、膨大な量の江戸近世の絵画を所蔵しておられます。アメリカロサンゼルスには、このプライス氏のコレクションを展示する美術館があります。

 3月11日の大震災での津波の様子をご覧になった氏と奥様(日本人で悦子さんといいます)は、東北の人々に美しいものをお見せしたいとの思いに駆られ今回の展覧会を企画したそうです。
 ちなみに今回の企画には辻 惟雄氏(江戸近世障屏画の日本を代表する日本美術研究者)が関わっておられるとのことなので、かなり見応えのある展示になるのではないかと期待しています。

 私自身は2006年に開催された「若冲と江戸絵画」という東京国立博物館での展示を見に行ったのですが、伊藤若冲をはじめ、円山応挙長沢芦雪、鈴木守一の優品にため息が出るようでした。(ちなみにこのときの「若冲と江戸絵画」は4都市82万人動員だったそうな・・。)

 私は学生の頃は琳派にハマって、キラキラピカピカの江戸絵画が大好きなので、もう、オシッコちびりそうですわ…。何がいいってこの頃の障屏画って「色がキレイ」「構図が面白い」「大胆で自由」「なんか楽しそう」…そんな気持ちになります。
日本人すげえ!って思いますよっ!

しかも!!!!
今回は「鳥獣花木図屏風」が来るようなので本当に嬉しい!(前回、展示替えで見られなかったorz)しかも東北で見られるなんて夢のようです…。
もう、感動すること請け合い!


(画像は展覧会ホームページより)

しかも開催地は東北3県のみ!


「若冲がが来てくれました」展
仙台3/1-5/6   仙台市博物館
盛岡5/18-7/15 岩手県立美術館
福島7/27-9/23 福島県立美術館

こちらにプライス夫妻のインタビューもあります。おすすめ!
「東北の子どもに見てほしい」との悦子夫人の言葉などがあります。お子さんをお持ちのお父さん、お母さんは、お子さんを連れてお出かけになってはいかがでしょうか?

もう今から大興奮ですわ。わたくし。・・・んもう、どうしよう。
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。