作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

Twitterをやめてみる(7)イケメン補給の巻

夫が出張にでかけた。




ひとりぼっちの夜はアクション映画に限るぜ!!!


で、今夜は「ボーン レガシー」を観てきた。
(ネタばれになるので詳しいことは控えますが、念のためこれからみる人は自己責任でお読みください。)




個人的には映画としての点数は40点くらいかなあ。でも続編もあるんだろうから、導入と考えるならばいいのかもしれん。

今回字幕が戸田奈津子さんなんだけど、映画みた感じだとセリフが長いというか説明的というか。「なんとかかんとか計画」みたいなセリフが異様におおいので、日本語にしづらそうだなっていう印象だった。でも小ネタ的にプッと笑っちゃうシーン(フェラーリの例えとか、Youtubeとか)もあって、それはそれで楽しめたんだけど、全体的にボーン三部作よりは見劣りするなー、とは思った。



でもね、主人公の
ジェレミー・レナーがかっこいいいいいい。




ミーハーで申し訳ないんだけど、先日不覚にも「アベンジャーズ」見ちゃって、内容にはまったく感情移入できなかったんだけど、ただひとり「ホーク・アイ」役のジェレミー・レナーがひたすらツボだった私。


(これはアベンジャーズ 弓もって高層ビルから落ちるお兄さんね)

「ミッション・インポッシブル (ゴーストプロトコル)」にもでててかっこ良かったけど、なにこの苦みばしったイイ男・・・。

(ミッション・インポッシブル動画)


んもー!グッと来るぅ。そして一緒に逃げたい…。(何処にだ)

ボーンシリーズに出るって聞いたら見ないわけにはいかないじゃないか(笑)

 主人公はかっこ良いけど、ツッコミどころはツッコンでおく。
巨悪というか陰謀というか、国家的なさまざまなプロジェクトを描いている訳なんだけど、そもそもそんなに幾つもの計画が同時進行出来て管理できるんだろうかとか。ボーン三部作見ていない人に取って、その「計画」がどの位深刻なものなのかイマイチ伝わりづらかったような気がする。
 無人飛行機のミサイルだって、一機あたり数億とかしそうなのに一人のエージェントを殺すための費用として見合うんだろうかとかね。

 脚本の点ではムムぅ、という点は多かったのだけれど、映像はスピード感もあって良かったです。雪原の広大さやマニラの雑踏の感じなんかも良く表現されてたと思う。
 マニラのアクションも動きにキレがあって、(個人的にはマット・デイモンよりもキビキビしてるように見えた)バイクのアクションもむちゃくちゃかっこ良かったぞ!(でも長かった。) スピード感なんかもあって悪くない。
 あと、ラブシーンが殆ど無いのが意外に良かったw 私アクション好きだから、長尺のラブシーンってホント無駄だとか思うんだわ。(そこか!)


監督が変わったのもあるのかもしれないけれど、もうちょっと人物描写がを掘り下げて欲しかったなー。
 ジェイソン・ボーンは記憶を無くしていて、自分が何者なのかが分からないのにスゴイ肉体的訓練を受けているせいで、体が勝手に動いてしまう気持ち悪さみたいな様子にも触れていてミステリアスな主人公+内面的な混乱みたいなのが描かれていた。でも今回の映画の方は、主人公アーロン・クロスの【超人的な様子】は分かったんだけどところどころ穴が多い。ストーリーだけ見てると「薬を手に入れるためだけにキケンを顧みずフィリピンまで行っちゃう」って話なんだもの。薬の無い事による能力の低下みたいな描写などもっとあっても良かったかも…。

 最後のアクションシーンで追いかけてくる刺客(No3)のキャラクターとかもオマケっぽかったのも残念。
あと、ラストも「え、これで終わり?!007かよ!」って感じだったしなあ。それに折角エドワード・ノートン出してるのにもったいない感じだったぞ・・・台詞は多かったのに、何がどう大事な計画なのかよーわからんかった。



でもいろいろ感想はあれど、
主人公が男前で本当に幸せだった・・・。


 
あー、レイトショーっていいねー。
ウチに帰ってからもなんとなくウキウキするもんね。ああ、ウットリ。
だから娯楽映画しか見ないの、夜は。(暗い映画見ると夢見悪そうだから見ないw)

 ちょっと前だけど、男前シリーズと言えば「プリンスオブペルシャ(時間の砂)」の ジェイク・ギレンホールもわくわくしたー。あ、イケメンといえば、あすAXNミステリーで、マット・ボマーまつりだ…
録画せねば。


レイトショー映画男前まつりはいいやね!時々はイケメン補充しないとね!

それにしてもさあ、Twitter辞めちゃうとさ映画見たときにつぶやけなくて寂しい。くううう。
関連記事

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろ(狩野直子)
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は狩野直子名義で水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
エコールドマシェリ「毎日を彩るスケッチ日記」
JEUGIAカルチャー盛岡「透明水彩スケッチ」
マシェリにて月一回の連載「季節を彩る岩手の野鳥」のイラストを描いています。

にょろろ名義では手帳や時間管理のイベントやオフ会を主催したりしています。
「ジブン手帳公式ガイドブック2017」(実務教育出版)「測量野帳スタイルブック(エイ出版社)藍玉さん著 「まずは書いてみる」(KADOKWA)「手帳事典2018」(玄光社)「に掲載されました。「箇条書き手帳」でうまくいく 初めてのバレットジャーナル (Discover21)に掲載されました。

スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR