作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム  次のページ »

釜石尾崎白浜の番屋の壁面装飾

 先週土曜日、24時間テレビの東日本大震災の復興支援で贈られる釜石市の尾崎白浜にある漁師さんの作業場となる【番屋】の壁面装飾のお手伝いに行ってきました。



 岩手のキー局であるテレビ岩手ではテレビ岩手を含むNNN系列各社で取り組む24時間テレビの復興支援活動の一環で、「漁師に対する番屋寄付」というものがあるのだそうです。
 簡単にいうと、「自ら立ち上がってがんばって再起を図っている漁師の皆さんに、道具を置いたり、冬場暖を取るためのプレハブ小屋を差し上げよう」というもの。
 組合に依存せず、個人単位でやっている漁師さんなどは、なかなか支援がまわらず、百パーセント借金で賄っている人も多いらしく、なかなか困難な状況なのだそうです。

 でも、「頑張れば支援が来る」という実例を一つ見せることで、少しでも沿岸の主力産業の再構築、活性化の一助となればということで、盛岡の菅原靴店の菅原誠さんが立ち上げた「ADBOAT JAPAN」に、番屋を必要とする漁師さんたちの選定をしていただき、大船渡と釜石に合計6棟のプレハブを差し上げることとなったのだそうです。

 釜石の小さな漁港「尾崎白浜漁港」に立つプレハブには、岩手県内で人気のイラストレーター「オガサワラユウダイ」さんにご協力いただき、今年の24時間テレビのテーマ「未来」をテーマに、夏休みの地元の子供たち(20人ぐらいいるかいないかだそうですが・・・)のアイディアをオガサワラさんが一緒に考えたりしてまとめたデザインを、子供たちとオガサワラさんと5きげんテレビと協力して描こうという企画でした。

オガサワラさんは、いわてのゆるキャラわんこ兄弟の絵を描いた方です。

なんだかとっても楽しそう!わくわく


 朝7時に盛岡を出発し、尾崎白浜には10時ちょっと前に到着!!
海のにおいがする~~~!
旧尾崎小学校にはもう沢山のちびっ子たちが到着していました。

 今回の私のお仕事は、「ちびっ子達をを動かして、壁面の絵をスムーズに描いてもらう」ということだったのですがとっても楽しかったです。
 絵のモチーフは虹や海、陸で暮らす人たちの様子、などでしたが、海の子どもということで、魚介類の表現がとても豊かでした!単なるサカナだけではなく、タコやイカ、アンコウなど、色んな種類の海の生き物が描かれていました。なにより印象的だったのは「ウニ」が居たこと!おいしそう・・・っていうか食べたい・・・・。海を愛し、楽しんでいる様子が伺えました。


 午前中はみんなでせっせと制作。なかなかの集中力です。


 お昼は焼きそば!


 手を使ってダイナミックに木をかく子ども。


 わたしも手がこんな事に・・・・(笑)



 夕方4時ごろから取り付けが始まりました。とっても鮮やかな仕上がりでした。








子ども達もうれしそうです。



17時半に釜石を発ち、20時ごろにテレビ岩手に戻ってきました~!みなさんおつかれさまでした。
(オガサワラさんは3キロ痩せちゃったそうです・・・)さぞかしビールがおいしかった事でしょう!

 帰り、漁師さんからテレビ局スタッフ&お手伝いメンバーに「どんこ」をいただきました。帰ってからどんこ汁を作ったよー!
切れない包丁で捌いちゃったけどおいしかったぜ!




また行ってみたい釜石☆
スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

金魚柄のチュニック

 先日初めて作ったお洋服、思った以上に普通に出来上がったので、別な作品にチャレンジしてみた。

ネットで金魚柄の布を見つけたので買ってみました。

 今回は普通にチュニックっぽいのを作ったのだけれど、デザイン自体が大きめなのに大きいサイズで作ってしまい、大きすぎた…。でもお部屋で着るにはなかなか良いです!







 似たような布で夫の部屋着も作れば良かったなー。

ホーム  次のページ »

旅スケッチ@函館(3日め)

3日目の朝は函館朝市から。海鮮丼をたべました。



次に函館の港にある摩周丸(青函連絡船)を見学。面白かったですよー。青函連絡船の歴史は、戦後の日本の復興を見るようで感動的でした。





午後は五稜郭とに行ってきたんですが、なぜか手相コーナーがありました。
なかなか当たっててビックリ。







そして函館奉行所。中国の観光客の方々が新撰組コスプレを楽しんでおられました。
これは現場でスケッチしたのだけど色塗りまで完成させたかったわー。




五稜郭近くのラッキーピエロバーガー。(帰りの電車で食べましたがおいしかったです〜)



以上メインの旅は終わりですが、オマケとして
これはホテルの様子。オットーと私がダラダラしているところなども描いてみました。オットーは久々に特急に乗って、旅情を感じたらしく、オリエント急行殺人事件を読んだりしていました(笑)



函館市内の地図なども貼付けてあります。地図には蛍光ペンで訪れた場所をチェックしてあります。
(また、その他に旅でかかった金額などもメモったりしています。後に旅行するときに参考になるので…。)


 (まとめ)

 今回の函館旅行で、私の「旅スケッチ」のおおよその手法が自分のなかでも熟れてきた気がするなあ。
1冊を使い切る事自体が目的ではないけれど、旅が終わった後も書き足したり、資料を貼ったりしながら旅の様子を綴っていると、とても立体的になるというか2泊3日以上の楽しみを得る事が出来るような気がします。

 絵自体を完全に仕上げるには数週間掛かるけれど、いっさついっさつ仕上げて行くのは面白さもあるので、一冊描き上げるとまたすぐ旅に出たくなるので困りますな…。次はお金貯めて外国さ行きたい〜。

ホーム  次のページ »

旅スケッチ @函館(1、2日め)

スケッチブックはまず「表紙作り」から始まります。

表紙は行きの特急白鳥で描いています。


当日の旅行の表とか簡単な地図などを入れると臨場感が出るなーと思い、旅の間の凡その時間などを記録しています。

旅先で食べたお弁当の紙も捨てずに大切に残し、すぐに糊で貼付けて行きます。






これは函館て飲んだビール。ラベルも丁寧に剥がし、貼付け。





これは、カトリック元町教会なのだけど、イマイチ これはお向かいのカフェのオープンテラスでスケッチしました。





カールレイモンというソーセージのお店でランチ







午後は洋館めぐり。ココは直射日光で描きづらかった・・・




クタクタになったあとのアフタヌーンティー




夕食
一応結婚十周年だったのでコースを頂きました。






函館山は寒かったです!!

ホーム  次のページ »

旅スケッチ @函館(準備編)

今回の旅のスケッチを少しアップします。

私がいつも旅行に持って行くのは「muse LANDSCAPE」(型番 GT8284G4)というスケッチブックです。
これは紙自体の発色が凄く良い、という訳ではないんですが、サイズがとても良いのです。
地図やパンフレットなどの3つ折りの資料がジャストで貼れるのが嬉しいポイント。もうすこし紙質がよかったらもっと良いんだけどもね。でもスケッチにはとても楽しめるサイズです。





今回イスパックを背負って行ったのですが、このスケッチブックは微妙にサイズが合わないんですよね~~。もうワンサイズ大きいオットーのにすれば良かったかなあ??
そのためこのスケッチブックのために専用の袋を縫いました。これをイスパックに取り付けて運びました。







画材はいつものコレ
レンブラント水彩、マルチ8、タチカワの耐水性ペン、サクラピグマ0.5、その他折り畳み筆等を持ちました。
今回の旅スケッチはかなり楽しかったです。

(つづく)


ホーム  次のページ »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。