作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム  次のページ »

旅ノート 東京ディズニーリゾート編

今回は「防寒」のお話など。

旅ノートの巻末に、持ち物や服装のページを作ってみました。「冬のディズニーリゾートは寒いよー」と言われましたが、本当に寒かったです!







今回はかなり厚着をしていったのだけれども、よかったのは

帽子(腰痛の時1週間で作った)これは耳当てをつけました。温か!




あとは、イスパック



スケッチのときめっちゃべんり!あと濡れた傘もいれられる!

あとこのモンベルのひざ掛け 小さくなるし、軽いし、めっちゃよかった!スナップもついているのでスカートみたいに腰に巻けるのがよいです。もう一つ欲しいくらい。




この冬対策、寒い地域や山などの旅行はでも活躍しそうです。


いやー、旅ノート楽しいわー。
プリンストンのころのスケッチもお蔵入りのままだし、
ちゃんと額装して、スケッチブックとともに「旅展」企画しようかな…。会期中に「 旅ノート作りのワークショップ」もしたらいいかも。

うーん、問題は場所だな~。どこでやろうかな。
その前にギャラリー代稼がねば。
スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

旅ノート デラックス版

下の記事にどんよりしたことを書いちゃったけど、楽しいたびでしたよ、ディズニーリゾート。
 実は初めてディズニーリゾートなのだ!えへっ。(うち、遊園地って行かない夫婦なので…。オットとであって16年経つけど、一回も遊園地って行ったこと無いのorz)
最初で最後かも知れんので今回はわりと贅沢プランでいきましたよ。
旅ノートのほうも、頑張っちゃいました!いくつか彩色してないのもあるけど、もう少しで完成!



まず表紙。マルマンのやっすいスケッチブックに、ミッキーのダイカットのやつを貼り付けてみました。


タイムリーにも先週の盛岡の生活情報誌の広告はディズニーシー特集。早速貼り付けてみました。たまたま見つけたものですが、ちょっとしたチラシなどを利用すると画面が華やかに。


お昼食べたハンバーガー。食べながらスケッチしたので、結構汁とかついてしまいました。てへっ。


イスパック。
これはイスになるリュックサックなのですがとても便利でした。実は19日の夜の「ファンタズミック」というショーをみたのですが、その待ち時間のときに地べたに座らずに済んだのでお尻が冷たくならずにすみました。後ろの男の人に、「アイツら、マニアだぜ!」と言われたのを耳にましたが、そんなこたーありません。初心者ですとも!


キャプテンEO マイケル扮するキャプテンは、宇宙船の運転が下手だった....。そしてキャラクターが80年代ぽかった。踊りはすごすぎたが字幕が見辛かった(笑)でもあの技術、20年前には斬新だったでしょうねえ。


ミニー帽子の女の子がいっぱいいて可愛かったです。バズライトイヤーとか。プーさんのハニーハントは電気掃除機「ルンバ」みたいでした。どうやって制御しているんだろ??


ランドの地図です。
地図は英語、日本語両方貼ってみました。こうしてみるとちょっと英語の勉強に…なるかもっ??o(^▽^)o


夕ごはん。
本当はイクスピアリに行く予定だったけど、疲れてダメでした。ホテルでコースを食べました。夫も私も12月誕生会をしなかったので一ヶ月遅れですが誕生日な気分で食べてきました。美味しかったよー(笑)


ホテルのロビーの船のオブジェ。スケッチは20分くらい。


20日。ディズニーシーは雨&雪。雨の日だったせいか人が少なくて空いていたせいか一番最初に乗れました。海底2万マイル。今回のアトラクションではコレが一番スキだったかもしれない。


マーメードラグーンシアター
雨の日は「シアター」って決めてたので、いって良かったです。マーメードのおねーさん、軽々と動いてたけど、すっごいハードだろうな~。でもそれを微塵も感じさせない素敵なショーでした。


タートルトーク
これめっちゃおもしろかった。
ハイドロフォン、持ってたらぷくぷく丸たちとお話するのに…。


シンドバッド とジーニー
シンドバッドの人形の動きがすごかった。


水辺 メディテレニアン ハーバー


ミスティック リズム
素晴らしかったです。あまりの演出の凄さにビビるワタシとオットー


教え子とご飯
千葉で働いている教え子の女の子とごはんを食べました。彼女ももう26歳ですってよ…。はやいなあ。


ディズニーシーのほうも英語版と日本語版を貰いました。


ホテルのアメニティとか。


朝ご飯のバイキング


ディズニーリゾートラインのきっぷ


21日は、東京でちょこっと美術館などにも寄りました。本郷の金魚坂にも!
金魚いっぱいいて癒された…。


ホーム  次のページ »

恐怖のディズニーシー

ちょくちょくブログにも書いているんだけど、震災後からちょっとおかしい症状があります。

震災後度々あったんだけど、
「急に襲われる、表現できない恐怖感」に戸惑っております。
たとえば、Twitterのタイムラインでちょっと怖い話(例えば原発のこととか、今後起こる地震の余地予報のこととか)を目にすると動悸とか、めまいみたいなのがが~~~っと来て、胸がキューっとなる。
まあ、あの規模の地震だから誰も彼も調子悪いとおもうんだけれども。

それ自体は長い時間続くわけじゃなくて、1時間とか30分で収まる。でもなんだかよくわかんない恐怖感なのだよ。とにかく怖い。とっても怖い。そしていきなりくる。


実はこの週末、夫が代休だったので、ディズニーランドとディズニーシーにいってきました。
2日めのディズニーシーは朝から雨。でもさすがは夢の国、雨の日でも結構満喫してました。メディテレニアンハーバーまではなんともなかった。


でもポートディスカバリーのあたりで突然気持ち悪くなった。


ディズニーシーって海に面しているから当然「水平線」見えるじゃない?あれみた途端、心臓がバクバクいって、めっちゃ怖かった。気が遠くなる感じ。あわわわ。

春頃ブログに書いたけど、震災後石巻行ったとき、「天気が悪くて・寒くて暗い海」を見ました。海の近くの日和山大橋を渡ったときに釜石地方で起こった地震の誤報があって、「津波が来る情報があります」って警察の人に言われて、一緒に車に乗ってた家族と慌てて高台に逃げたことがありました。誤報は誤報だったのでそのときは安心したけど今思えばトラウマになっていたのかも。

そのときの景色の気持ち悪さ。雨が降ってて黒い水平線が迫ってくるような感じ。日和山大橋にいる今、この距離で海の近くにいたら確実に死ぬって思いました。

ポートディスカバリーで水平線見たとき、(天気が悪いのもあいまって)同じような景色の海に見えてね、足がすくんで、呼吸がうまくいかないっていうか。怖くて怖くてなんかどうしようも無い感じだったのでした。ストームライダー並んだけどオープニングの解説で台風の映像見たらダメだった。
屋根が吹っ飛ぶ様子とか見たら今にも津波が来るような気がして、その場所から逃げたくなりました。

夫には悪かったけど、乗るのを中止して、水平線見えるところから離れて、深呼吸したり休んだり、別のことを考えたりしてゆーっくり息をして、なんとか落ち着かせてた私。

でも「今日ここで津波来たら確実にに死ぬ」とか考えちゃって心臓がバクバク。 ディズニーリゾートラインからも、東京までの電車からも見えるじゃないすか海。
あかん。めっちゃ ドキドキして直視できない…。


マジかよ…。もう私、海に行けないの?
帰り、夫とさすがにこれは変だわ、ってコトに。心療内科にいくか、カウンセリングうけるかしてみようかなあ。
いまのところ不眠には苦しむとかはないけど、いきなりくる恐怖感、不安感が困るしめんどくさい。


あ。きょうは落ち着いてます。大丈夫です。「旅のノート」もほぼ完成しました。でもあの感じ、頻繁に起こるのは勘弁して欲しい…。

コレって病気なのかな?気のせい?

ホーム  次のページ »

震災、10ヶ月目に思うことなど

年明け、けっきょく腰痛、座骨神経痛でイタイイタイ、と過ごしていたわたし。
2012年、もはや1月も半月すぎたのだけれども、今年の目標っていうか、テーマがなんとなく浮かんだので忘れないうちに書いてみます。


今年は「実感を大切に暮らす」。

2011年は、震災があって日本全体にとって本当に大変な一年でした。

自分についていうと、いろんな情報の波に負けちゃって、弱弱しい1年でした。
去年は見るのも、聞くのも、感じるのも怖かったんだな〜…そういうことをふと振り返った10ヶ月目。
そして、自分のへなちょこ振りを実感した2011年。

本当は沿岸の手伝いとかも行ったほうが良かったのに、とか思いますよ勿論。

地震が起こってすぐ、海のほうに手伝いに行きたいって思いました。
でもねぇ…志津川と石巻いって、その思いがぜーんぶひっくりかえってしまった。

何よりね、怖かったんです。
自分の知っている町がグチャグチャになってるのを見るのが単純にイヤだった。住んでいる人たちからすれば、なにいってんだ!と叱られるでしょう。でも、ただただ、怖かったんです。

40年生きてある意味これほど「怖い」っていう感情を抱いたことはありませんでした。悔しいとか、腹が立つとか、情けないとかでなくて「恐怖の感情」でした。

3月の震災の夜、わたしが一番印象的だったのは地震そのものではなくて、真っ暗のなかに輝く星空だったり、降り積もる雪でした。不気味に感じたけど、恐怖の気持ちとはすこし違っていたような気がします。

震災後はじめて訪れた南三陸の町の姿を忘れることは出来ない。
春、震災による津波の被害、原発の話、放射性物質の影響、東海沖、南海沖など今後の地震によって起こる影響…云々、本来当然得なければならないであろう情報なのだけれど、聞いているとただただ憂鬱になって、ニュースを見るのを放り出してしまった。

多分自分が東北に住んでいる、っていうのが理由なんだと思うのだけれど、起こってしまったことに対して防御できることってほんとうに最小限なんだなあって思います。
わたし自身は盛岡に住んでいて、沿岸のような大変さはないのだけれど、ふと目に入るTwitterやネットのキーワードにスゴく傷ついたりする。(いわゆる無責任で事実無根の「うわさ」レベルのことでさえ)傷つくっていうか、残念な気持ちになっちゃうっていうか。海の町に住む人たちの様子と重なって、ほんとうに悲しくなる。なんでしょうね、あの気持ち。
(ちょくせつ生活に困らなかったとしても)エリアとしては「被災地」だから、震災の話題が出ない日は無いしね。「これから東北、どうなっちゃうんだろ」って思っちゃいますしね。(まあ、最近の情報収集がインターネットっての問題なんだけどさ。)


そんなわけでわたしはいま情報断ちしてます。ネット大好きなのに(笑)。

テレビ、新聞はほんっと最小限です。



多分、自分の目で見たこと、聞いたこと、感じたことが鈍ってるんだと思うんだな。


「自分のキモチと情報との距離感」が今のわたしのキーワードなのかな、って思う。


ご飯が美味しいとか、
風がつめたいとか、
腰が痛いとか、
空が明るいとか、
部屋が暖かいとか、
肩が凝ってるとか、
花が咲いて嬉しいとか、
絵を描くと楽しいとか、

去年はそういうのをしみじみ味わう気持ちになれなかった気がします。
でも、そういう自分のキモチの話を積み重ねていくのが大切なのかもなあ、って思います(腰を痛めて特に)。

今年は少しずつ沿岸に出向くチャンスがあったら行ってみたい。
でもビビって行く事ができなくても、罪悪感を抱くのはやめよう。

自分はなさけないけど、まあきっとまた一年後は違うキモチでいるはず。

ホーム  次のページ »

10ヶ月目に感じたことなど

年明け、けっきょく腰痛、座骨神経痛でイタイイタイ、と過ごしていたわたし。
2012年、もはや1月も半月すぎたのだけれども、今年の目標っていうか、テーマがなんとなく浮かんだので忘れないうちに書いてみます。


今年は「実感を大切に暮らす」。

2011年は、震災があって日本全体にとって本当に大変な一年でした。

自分についていうと、いろんな情報の波に負けちゃって、弱弱しい1年でした。
去年は見るのも、聞くのも、感じるのも怖かったんだな~…そういうことをふと振り返った10ヶ月目。
そして、自分のへなちょこ振りを実感した2011年。

本当は沿岸の手伝いとかも行ったほうが良かったのに、とか思いますよ勿論。地震が起こってすぐ、海のほうに手伝いに行きたいって思いました。
でもねぇ…志津川と石巻いって、その思いがぜーんぶひっくりかえってしまった。
何よりね、怖かったんです。
自分の知っている町がグチャグチャになってるのを見るのが単純にイヤだった。住んでいる人たちからすれば、なにいってんだ!と叱られるでしょう。
でも、ただただ、怖かったんです。

40年生きてある意味これほど「怖い」っていう感情を抱いたことはありませんでした。悔しいとか、腹が立つとか、情けないとかでなくて「恐怖の感情」でした。

3月の震災の夜、わたしが一番印象的だったのは地震そのものではなくて、真っ暗のなかに輝く星空だったり、降り積もる雪でした。不気味に感じたけど、恐怖の気持ちとはすこし違っていたような気がします。
震災後はじめて訪れた南三陸の町の姿を忘れることは出来ない。
春、震災による津波の被害、原発の話、放射性物質の影響、東海沖、南海沖など今後の地震によって起こる影響…云々、本来当然得なければならないであろう情報なのだけれど、聞いているとただただ憂鬱になって、ニュースを見るのを放り出してしまった。

多分自分が東北に住んでいる、っていうのが理由なんだと思うのだけれど、起こってしまったことに対して防御できることってほんとうに最小限なんだなあって思います。
わたし自身は盛岡に住んでいて、沿岸のような大変さはないのだけれど、ふと目に入るTwitterやネットのキーワードにスゴく傷ついたりする。(いわゆる無責任で事実無根の「うわさ」レベルのことでさえ)傷つくっていうか、残念な気持ちになっちゃうっていうか。海の町に住む人たちの様子と重なって、ほんとうに悲しくなる。なんでしょうね、あの気持ち。
(ちょくせつ生活に困らなかったとしても)「これから東北、どうなっちゃうんだろ」って思っちゃいますしね。。(まあ、最近の情報収集がインターネットっての問題なんだけどさ。)


そんなわけでわたし、情報断ちしてます。ネット大好きなのに(笑)。

多分、自分の目で見たこと、聞いたこと、感じたことが鈍ってるんだと思うんだな。

「自分のキモチと情報との距離感」が今のわたしのキーワードなのかな、って思う。

ご飯が美味しいとか、
風がつめたいとか、
腰が痛いとか、
空が明るいとか、
部屋が暖かいとか、
寂しいとか、
悔しいとか、
嬉しいとか、
面白いとか、

去年はそういうのをしみじみ味わう気持ちになれなかった気がします。
でも、そういう自分のキモチの話を積み重ねていくのが大切なのかもなあ、って思います(腰を痛めて特に)。

今年は少しずつ沿岸に出向くチャンスがあったら行ってみたい。でもビビっていけなくても罪悪感を感じるのはやめよう。


自分は情けないけど、きっとまた一年後は違うキモチでいるはず。

ホーム  次のページ »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろです。
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。