作ったり考えたりの記録

Perspective drawings

英語でテチョカツ

なんとなく9月から英語表記で手帳をつけ始めた。



いつまで続くかわからんが、英語表現の定着を期待している

ホーム  次のページ »

ジブン手帳公式ガイドブック LIFEの話



 先日発売されたこちらの書籍に手帳の記載例としてご紹介いただきました。



私は全面的に「LIFE推し」なのでLIFEについては長くお話ししたところ、予想以上に多めの記事の扱いとなっていて驚愕しています…ぬおおおお。当初50人くらい取材するらしいっていうのでちっこく載るくらいのイメージだったので、結構やらかしてしまった感があります…(寒)


今日は書籍でお話しできなったポイントをちょっこし書いてみようと思います。

続きを読む »

ホーム  次のページ »

ジブン手帳公式ガイドブック発売記念 nyororo謹製ジブン手帳お役立ちスタンプ

 実はこの夏にジブン手帳公式ガイドブック発売されるのだけれど、実は私も取材を受けに東京に行ってきたのでした…。




…ジブン手帳好きとして、手帳本発売は嬉しい!
記念の意味も込めて自作スタンプを何種類か作ってみました
ClXdvikUoAEF1zE.jpg


題して「にょろろTwitter仲良し企画「ジブン手帳公式ガイドブック出版記念 nyororo謹製ジブン手帳お役立ちスタンプ」!
全部で6種類、出来上がりイメージはこんな感じです。

(拡大して大きくなります)
すたんぷ1
すたんぷ2

このスタンプは主にわたしの使っているジブン手帳スタンダードサイズに合わせて作ってあります。ジブン手帳のメモ欄及びマンスリーの欄に合わせて縦2センチ、横3センチのサイズで作成しました。
ジブン手帳に押したときのイメージ
イメージはこんか
測量野帳に押したときのイメージ
CnFOdT7VMAENKZs-1_201607112158006ed.jpg
ムーンプランナーに押したときのイメージ
CnFYuTWUMAEQRep_201607112157591f3.jpg
ほぼ日手帳に押したときのイメージ
ClX5Q-FUoAEDmm7.jpg

いろいろ手持ちのノート等で試したのですが、ムーンプランナーwithまたほぼ日手帳やEditなどにも使えそうでした。
またジブン手帳miniサイズも作りたかったのですが印字が小さくなりすぎることと、印面の余白が多くなり、スタンプを押す時にインクがつきすぎてしまうことからミニの製作はやめました。ごめんなさい・・。



7/15(金)~31(日)期間内に応募いただいた方、先着10名に販売します。
 趣味の企画なので再販はしません。nyororoのフォロワーさんのみ販売します。


【申し込み方法】
aureoline40*gmail.comに*を@に変えてください
件名「ツイッターなかよし企画 ジブン手帳スタンプ申し込み係」
本文
⑴申し込んだ方の本名Twitterアカウント
⑵購入したいスタンプの番号
郵便番号と住所とお電話番号(携帯電話番号)
nyororoへ一言
をご記入の上メールを送ってください。

(ご注意ください)
趣味の企画のため、一人で作業していますので送付に時間がかかる可能性があります。気長にお待ちいただける方のみお願いします。お届けは8月中旬ごろを予定しています。
お一人3個まで購入できます。
普通郵便でお送りする予定です。個数によって重さが変わるので、注文の個数によって送料が変わります。メールで注文をお伺いしたあと、後日合計の金額とお振込先をおしらせします。スタンプ屋さんに発注しますので、お振込みを確認したあとに後にスタンプをお送りします。
スタンプ発注後のキャンセルはできませんのでご注意ください。


ホーム  次のページ »

テチョカツ、仕切り直しす

最近体調が悪かったのもあって、テチョカツが停滞気味。


手帳がスカスカになってくると「あ、こりゃリカバーしないといかんな」っていう気持ちになる。

来週、大学生数名に向けて「手帳・手帳を使って上手に時間を使おう」っていうテーマでお話しすることになったんだけど、「時間を上手に使う」っていうのにはいろんな意味合いがあると思う。
毎日バリバリに手帳をきちんと使って、予定通りに何もかもうまくいくっていうのは、365日あれば30日あるかないかだと思う。



だから私は「仕切り直し」をし続けないといけない。
部屋が散らかったり、体調が悪かったり、忙しかったりはする。でも仕切り直しの時間があるかないかで全然違ってくる。

昨日はお外仕事だったし、明日は作品展の搬入なので、きょうはちゃんとお掃除して、
机の上を整頓して来週の仕事に備えたい。

ホーム  次のページ »

手帳になにを書くのか

「手帳と大震災」

 手帳やノートを書くのが好きで、いままでにいろんなノートを使ってきた。
最近でいうと手帳(手帖)との関わりや考え方が変わったかなって思うのは、2011年の東日本大震災の経験があるような気がしている。
 東北大震災の時、自分の住居が倒壊したり、金銭的な被害が大きかったわけじゃない。(しかし実家のほうの被害はそれなりに大変だった。祖母の家は半壊したしいろんなモノも捨てた)

 実は、2011年の手帳は手元にないというか手帳そのものがすっぽり無い。
 2011年から2012年の夏か秋頃まではブログも含め「記録すること自体」ができなくなった。

自分の家から100キロ離れた海のまちには壊滅的な被害がでた。
宮城に住む幼馴染の夫の行方はいまもわからない。
原発事故の被害状況は未だに未知数だし現況として震災被害に苦しんでいるひとは今もたくさんいる。


内陸で被害の少なかった私でさえ「生きていると信じられないような悲しい出来事ってあるんだなあ」、と心から実感した。(そしてその出来事は容易にコントロールすることができない。)

 比較的言葉にすることを苦と感じぬ私でさえニュースや情報に触れすぎて自分自身の心と向き合うことがしんどいと感じ、絵も描けず、モノも作れず、言葉も出なかった。

 その時の経験から感じたことが幾つかあるのだけれど、
「心が折れることはこれからもあるかもしれない」
「そしてそれでも生きていかなきゃならない」

・・・このことは、普段実感として感じなくて済むものだけれど、生きていれば大なり小なり経験はする。
震災じゃなくても、失恋とか、大切なペットとの別れとか、病気とか。


心が折れて穴が開いて、そこから復活するまでは時間がかかる。
しかし、心が折れることがあっても、人はなんらかの形で心を癒していく。
「自分が生きているようす」を大切に綴っていけば、過去の自分が今の自分を応援してくれることだってすくなくないし、未来に目を向ける視線も変わるだろう。


そういう意味で私は表面的な「手帳術」や「時間管理術」にはあまり興味がない。
多分自分にとっては手帳のスケジュールが「埋まる」ことが重要なんじゃない。

毎日を大切に生きる。
そのことだけに集中できさえすればいい、と思いながら今日も手帖を綴る。
言葉で埋まら無い日だってある。
言葉を以ってしても、気持ちを以ってしても、埋まら無いことがあるってことを大切に受け入れたい。


CXsrW_4VAAAJI78.jpg

ホーム  次のページ »

■ プロフィール

nyororo

Author:nyororo
にょろろ(狩野直子)
射手座 B型。

高校の美術教師として勤務後、2007年よりフリーで仕事をはじめました。 現在は狩野直子名義で水彩やイラストの制作、スケッチ教室で講師をしています。
エコールドマシェリ「毎日を彩るスケッチ日記」
JEUGIAカルチャー盛岡「透明水彩スケッチ」
マシェリにて月一回の連載「季節を彩る岩手の野鳥」のイラストを描いています。

にょろろ名義では手帳や時間管理のイベントやオフ会を主催したりしています。
「ジブン手帳公式ガイドブック2017」(実務教育出版)「測量野帳スタイルブック(エイ出版社)藍玉さん著 「まずは書いてみる」(KADOKWA)「手帳事典2018」(玄光社)「に掲載されました。「箇条書き手帳」でうまくいく 初めてのバレットジャーナル (Discover21)に掲載されました。

スパム防止のため、コメントは承認制にしています。コメント下さった方、すぐには表示されませんが少々お待ち下さい。



○おさかなを飼っています。
「おさかな観察日記」もよろしくお願いします。

○趣味で英語を勉強しています
「2000時間英語トレーニング日記」

☆よく出る話題
 水彩 スケッチ 織り 染め 紡ぎ 編み物 写真 カメラ 旅行 文房具 テチョカツ 万年筆 ジブン手帳 海外ドラマ 金魚飼 英語学習 多読 Skype英会話 Glee Law & Order Criminal minds 洋画 カフェ 蘭栽培 Apple製品


☆お知らせ
2010年11月にgooブログから引っ越しました。

■ 最新記事

■ メールフォーム

イラスト制作・水彩講座のお問い合わせなどはこちらにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブログ村

■ 最新トラックバック

■ Twitter

 

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR